喪中はがきと寒中見舞いのテンプレ

喪中はがきを出す目的は生前お世話になった人へのご報告もありますが、慶弔ごとの関連から年始の挨拶が出来ないことを事前に詫びるためでもあります。年賀状の準備は早ければ12月の初頭から行われますので、お相手の手を煩わせないためにも11月までに送付しておくのが親切です。喪中はがきの文面はインターネットやマナーの本にテンプレが載っていますし、現在はオンデマンド印刷の業者の参考ページを元に外注する流れが主流になっております。テンプレでは故人の亡くなったことや月日と、生前お世話になったお礼を記載するのが通常の流れです。

本年は喪中のために年賀のご挨拶をご遠慮させて頂きますと締めて喪中はがきを投函します。ここまではテンプレの流れです。喪中はがきを受け取った人によっては電話などをしてくる場合もありますので、その時はあらためて理由を話して気にかけてくれたことに対してお礼を言いましょう。ハガキを送るタイミングにより年賀状が届いてしまうこともあります。

その時には年賀状で返さずに寒中お見舞いでお返事を返すのがマナーです。寒中お見舞いは松の内が明けた1月4日から2月4日の節分までに送る、季節のご挨拶であります。通常は冬の時候の挨拶であったり、寒い地域に住む知己を見舞う挨拶文ではありますが、意外とこの年賀状の挨拶としても需要があるお見舞いです。喪中はがきも寒中見舞いもテンプレーとのある定型文なので、サンプルを参考にしたり印刷会社に依頼して用意するようにしましょう。

喪中はがきのテンプレのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です