喪中はがきおすすめのテンプレートデザイン

喪中はがきは、新年のご挨拶を欠礼することをお知らせするものです。だからこそ、テンプレートデザインは作法を守った、マナーの良い印象を与えるものを選ぶ必要があります。喪中はがきが発売される10月1日以降なら、印刷会社で喪中はがきの印刷を受付しているものです。出来るだけ早めに送りたいという気持ちがあったとしても、あまりにも早い場合は、相手が喪中であることを忘れてしまうことがあります。

そのようなことを避けるためにも、印刷会社には10月以降にオーダーすることがおすすめです。相手の手元に届くのは、11月もしくは12月初旬が望ましいと言えます。テンプレートデザインは、主にモノクロのものが定番として使われている傾向が強いものです。人気のデザインテンプレートは、美しい胡蝶蘭をプリントしたものや大人しい印象を与える筆文字を使用した喪中はがきです。

派手過ぎず、グレーを重んじたデザインのものが無難と言えます。デザインテンプレにこだわることも大切ですが、作法やマナー面に失礼なことがないかを確認することも大切です。喪中はがきでは、おめでたいことを書くことは控えるようにしましょう。喪中の間は、基本的におめでたい行事を避けることが通例とされています。

テンプレも基本的には「喪に服す」ことを全面的に伝える内容であることが大切です。近況報告や結婚の報告などを、メッセージとして書き加えないことを覚えておきたいところと言えます。喪中はがきのテンプレのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です