睡眠と美容には密接な関係があります

1日の終わりに眠るのは体を休めて疲れを和らげ、翌日に備えるために必要なことです。心身ともに疲労回復すれば次の日の元気につながり、また1日頑張ることができるからです。このように健康を維持するために欠かせない睡眠は美容にとっても大きな役割を果たしています。夜10時から夜中の2時までの間はゴールデンタイムと呼ばれていて、成長ホルモンの分泌が活発になり肌の生まれ変わりをサポートしていくためです。

起きている間に紫外線などでダメージを受けた肌が修復され、肌荒れなどのトラブルをよくしていくことを期待できるわけです。そんな美容と睡眠の密接な関係性があるので、忙しいなどの理由で眠る時間を削ってしまうと肌荒れがよくならない、あるいは悪化していく恐れもあります。それゆえに質の高い眠りにつけるよう、落ち着ける場所で体に負担とならない体勢にてぐっすり眠ることが求められるのです。とはいっても夜遅くまで仕事をしている関係などで、ゴールデンタイムに眠ることができない人が多くいるのも事実です。

こういったケースでは、その人のライフスタイルを変えなくても、毎日の睡眠時間を質のよいものにするよう心がけるだけで同じ効果が期待できます。たとえば普段眠る時間が午前12時を過ぎてしまう場合でも、深く眠ることを習慣づければ、その時間がその人にとってのゴールデンタイムとなります。美容意識を高くもち続けたい人や何歳になっても美しさを失いたくないという人などは、睡眠の質にも目を向けることが重要になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*