美容を向上させる睡眠のとり方

良質な睡眠は、美容に多大な影響を及ぼすことが知られています。なぜなら、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンは、熟睡しているときに分泌されるからです。特に、午後10時から午前2時までの間は、肌のゴールデンタイムと呼ばれており、この時間帯にぐっすり眠ることが、成長ホルモンの分泌を促し、美容を向上させるカギとなります。では、美容に良い睡眠は、どのようにすれば得られるのでしょう。

まず、眠る前には、神経を高ぶらせる作用のあるカフェインは控えるようにします。コーヒーや紅茶はもちろん、緑茶にもカフェインが含まれているので注意しましょう。寝つきを良くする飲み物としては、牛乳やコラーゲンドリンク、ゼリー飲料などがります。眠る環境を整えることも大切で、脳を刺激する強い照明は控え、薄暗い照明で眠るのがベストです。

また、スマートフォンやパソコンの画面から発光される光も刺激が強いので、眠る前に使用することは控えましょう。そして、心地よい眠りへと導いてくれるアイテムとしては、お気に入りの音楽やアロマなどが挙げられます。音楽は、ロックやパンクのような激しいものではなく、クラシックやバラードなどがおススメです。アロマは、色々な香りがありますが、ラベンダーや白檀、バニラなどは、眠りへと誘う効果があります。

反対に、ミントやジャスミン、柑橘系の香りは、覚醒作用があるので注意が必要です。このようなことを頭に入れ、睡眠するのに適した環境を整え、美容を向上させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*