睡眠は美容に効果あり?

「美容に睡眠は関係あるの?」と疑問に思うかたもいると思いますが、実はとても深い関係があるんです。逆に十分な睡眠がとれないとシワやシミ、ニキビなどの肌荒れがおきたり、太りやすい体質になったりしてしまいます。美容のためにもしっかり寝るようにしましょう。人は寝ている間に様々なホルモンが分泌されています。

代表的なものに成長ホルモンがあり、このホルモンは肌をきれいに保つには欠かせません。細胞を新しくつくる働きがあるので新陳代謝を活発にします。そのため古い皮膚を新しくつくり変えるターンオーバーが行われ、肌が生まれ変わります。つまり寝ているだけで、美肌に効果的なんです。

また脂肪を燃焼させる働きがあるため、太りにくくなるそうです。さらに寝ているときに分泌されるホルモンにはメラトニンがあります。これは朝に減少して夜に分泌が活発になります。老化を引き起こす活性酸素を除去する働きがあるため、老化予防に効果的です。

その効果は抗酸化作用があるとされるビタミンCの5倍、ビタミンEの2倍の予防効果があるそうです。寝ているだけで老化を予防できるので、しっかり寝るようにしましょう。さらに十分な睡眠をとっていると太りにくくなるという研究報告もあります。空腹ホルモンと満腹ホルモンという二つのホルモンが関係しています。

睡眠が足りないとこれらのホルモンバランスが崩れてしまうのです。十分寝られないと空腹ホルモンが15%増えて、満腹ホルモンは15%増えてしまうそうです。このように美容と睡眠には深い関係があります。美容のためにもしっかり寝るようにしましょう。

プロテインのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*