アミノレブリン酸の効果について

アミノレブリン酸はALAとも言われている物質で、人や動物などの体内で鉄分と結びつき、血液中のヘモグロビンの原料となったり、代謝に必要な物質です。アミノレブリン酸は血糖値に関係があります。人は細胞からなっていて、それぞれの細胞に数千個のミトコンドリアがあるといわれます。ミトコンドリアでエネルギーを生み出す仕組みはTCA回路やクエン酸サイクルといって、この材料がブドウ糖です。

アミノレブリン酸から合成された酵素類などが活発に働くことでクエン酸サイクルもうまく回るようになり、糖の代謝がアップします。ブドウ糖が使われると血糖値は下がって血糖値が安定するということがアミノレブリン酸の血糖値をサポートする効果です。またALAは血糖値の上昇を抑えるだけではなく、内臓脂肪を減らして溜まりにくくするため、糖尿病や生活習慣病の予防にもなります。クエン酸サイクルでエネルギーを生成する際に二酸化炭素や水も放出されますが、水は皮膚にハリをもたらし若々しさを保つことが期待でき、ALAを配合したスキンケア製品もあり使うことで保湿効果が期待できます。

アミノレブリン酸はヘモグロビンの材料にもなり、エネルギー代謝に必要な酸素を行きわたらせることができるので、冷え性や貧血の改善、免疫力アップにもつながります。ALAは、人に良い効果を与えるだけではなく、肥料にも使われているので光のない室内や寒冷地などで植物の光合成を促進して成長させて枯れにくくして長持ちさせることで注目されている物質でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*