疲れにくい体にするにはALAが有効

最近疲れやすい方は理由を探してみると真っ先にヒットするのは乳酸かと思います。メジャーですしインターネット検索でもわんさか出てきます。しかし疲れの原因は乳酸だけではありません。私たちが普段生活するために必要なエネルギーはブドウ糖や脂肪から生成されますが、そのうち血液中のグルコースと筋肉や肝臓のグリコーゲンを分解する途中に発生する物質が乳酸です。

本来、人の体は細胞の中にある小器官が糖や脂肪を分解する時に作られるエネルギーのカプセル状の物質によって機能しており、糖の分解する量が細胞小器官で処理できるキャパシティを超過するとそれが乳酸となって現れるのです。なので激しい運動をすると乳酸がよく出ると言われるのはあながち誤りではなく激しい運動をすれば糖が必要となってくるからなのです。ただし昔と比べて疲れやすくなったという場合はちょっと違います。これは乳酸うんぬんよりも細胞小器官の劣化による要因もあり、この機能が低下すれば当然糖を分解する量も減りますので乳酸が出やすいという事になります。

その細胞書記官の機能低下を改善させるのがアミノ酸の一種であるALAです。ALAは体内で生成されますが加齢とともにその量は減っていきます。そのためALAを豊富に含む食材、例えば緑黄色野菜や赤ワインなどを摂取し積極的に補充したいところではありますが、普段の生活スタイルの中ではなかなか難しい場合はサプリメントで補う事ができます。代表的なものはアラプラスが有名です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*