雨漏り点検は定期的に

強い風や雨、土埃により築年数が経つにつれて瓦や外壁は確実に弱っていきます。結果、雨漏りの原因となります。突然に雨漏りするということは実際はありません。室内で雨漏りによるシミが出てきた時などには既に以前から雨漏りしていることが多いので内部の木材などが腐食し始めていたり、天井内部にはカビが発生している可能性が高いので早急に対応しなければいけません。

長期間放置することにより屋根が崩落する恐れや漏電、害虫などの侵入など多くのトラブルを抱えるだけでなく、瓦全体の張替えや屋根全体のリフォームをする羽目になり高額な費用を支払うことになりかねないので発見次第業者に依頼するか自分で応急処置をする必要があります。業者に依頼するにしてもすぐに対応できない場合もあるので、応急処置を自ら行う必要があります。雨が侵入しないように原因となっている場所にブルーシートを被せます。出来るだけ広範囲に被せておくようにしましょう。

土嚢袋やテープなどでブルーシートを固定して置けば応急処置は完成です。あくまで応急処置なので一時的に雨漏りが止まったとしても再発してしまうので、プロの業者に依頼するようにしましょう。屋根の応急処置をする際には転落しないように細心の注意を払う必要があります。台風などが接近しているニュースを見た時には事前に業者に依頼して置くと万が一の時も素早く対応できます。

仮に問題が無かったとしても台風直後は瓦がズレている可能性も高いだけに屋根点検をしてもらうことを定期的にしておきましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.