雨漏りの原因と対策とは

雨漏りというと、屋根が原因と思っている人も多いかもしれませんが、実は屋根だけではなく外壁からも雨水が浸入する場合があります。新築の住宅の場合は、外壁塗装によって防水機能が保たれていますが、時間が経過すると徐々に効果が減少してしまい、10年も経つ頃にはほとんど防水機能はなくなってしまいます。そのままメンテナンスを行わないと、塗装が剥がれた部分やひび割れ部分から雨水が浸入してしまい、雨漏りを引き起こしてしまいます。雨漏りが起こるということは、外壁や屋根から浸入した雨水が、柱や天井、壁紙の中に流れ込んでいる状態となっていますから、重度な症状となります。

そうなる前に、定期的にメンテナンスを行うことが家を長持ちさせるためには大切です。外壁や屋根のメンテナンスというのは、一度に100万円前後の費用がかかる場合がありますから、躊躇してしまうという人も少なくありません。ただ、そのまま放置して十数年何の対策もとっていないと、外壁や屋根のひび割れ部分から雨が浸入してしまい、家内部の木材や金属を腐食してしまい、大がかりなリフォームが必要となる場合があります。最悪の場合、建て直しが必要となることもありますから、定期的にメンテナンスを行っておいた方が経済的といえます。

雨漏りは、素人では雨水の浸入箇所を見つけることが難しいので、信頼できる業者に依頼することが大切です。また、価格や修繕方法なども業者によって異なることがありますから、数社に見積もりをとることが失敗しないためには重要です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.