日頃からやっておくべき雨漏り防止の対策

天井や壁、ベランダなど家のさまざまな場所で雨漏りは発生します。家の築年数が多くなると発生するリスクも高くなりますが、日常の処置、ケアにより防止することも可能です。また日頃から家屋を観察し入念にチェックし不備を早めに見つけ早ものケア、対策が雨漏りを起こさないためには必要です。屋根が原因で起こるものは天井のチェックが大切です。

実際に滴が落ちてくるだけでなく天井にシミやかびが発生している箇所があれば、家の内部に雨が侵入していることが疑われます。また家の中の湿気が多く感じる、かび臭い匂いがするなどの時も注意が必要です。早めに見つけ、修理、補修することが必要です。壁や窓のチェックも大切です。

壁のひび割れ、窓と壁の間に隙間がないかなどをし調べておきます。また外壁は外壁塗装を施す必要があります。新築時は外壁にひび割などの破損や防水のための塗装が施してあります。しかしこれは通常10年前後で効果がなくなるので定期的に塗り直す必要があります。

雨漏りを防ぐためには家のメンテナンスは必要です。屋上やベランダは日常の清掃が大切です。この部分は雨の影響を受けやすく、またコンクリートでできているのでひび割れなどの劣化が生じやすい場所です。土ほこりや落ち葉などが散乱すると水の抜ける箇所に詰まり、雨の激しい時には雨水が溜まってしもうこともあります。

水が溜まると劣化を加速するので日頃から清掃を怠らないようにすることが大切です。長く家を大切にすることが雨漏り防止に繋がります。また異常個所を早めに見つけ専門の業者に修理を依頼することが大切です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.