発見しにくい雨漏りとは

雨漏りしているが原因がなかなか分からない、何度修理をしても直らなくて困っているという方は、一度他の業者にも相談してみるのも良いと思います。雨漏りが発生する原因はいろいろな事が考えられます。一番多いのは屋根瓦やカラーベストが割れてしまい、そこから雨が浸入している場合や、屋根材がズレてその隙間から雨が浸入している物で、この場合はすぐに原因を発見できます。瓦屋根で次いで多い原因には棟瓦のズレや破損、谷部分の板金に穴が開いている事による物でこれも簡単に発見できます。

修理するには谷部分の板金を取り替えたり、棟部分の瓦を修理する事で雨漏りは止まります。瓦のズレや割れている物は、割れている瓦を取り替えたり、ズレている部分をもとに戻す事で直ります。しかし、これらの原因ではない場合には熟練の職人でも状態を見るだけでは判断する事が難しい物があります。考えられる要因として、瓦屋根の場合には、瓦と瓦の重なり部分に長い年月が経過するうち埃がたまっていき毛細管現象という、小さな穴のようになった箇所から水を吸い上げる現象が起こって雨漏りしているケースがあります。

カラーベストでは、色あせや防水性が無くなってしまったため、屋根塗装リフォームを行って雨漏りするという場合があります。これは、新たに塗った塗料によってカラーベストの間に入ってしまった水の逃げ場が失われることにより起こってしまう現象で、縁切りなどを行う事で止まります。このような事例は古くから地元に根付いている会社で、沢山の修理を経験している為安心して任せることが出来ます。水漏れの修理のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.