古い自宅に生じた雨漏りの被害と修復工事の詳細

私が住んでいる家は父が子供の頃に建てられたものなので築年数が長く、経年劣化による建材の傷みが進んでいました。それでも住み心地が良く家族全員で快適に暮らしていましたが、二階部分の天井に雨漏りの痕跡が見つかった時はリフォーム工事の必要性を痛感しました。雨が降った後は二階の空き室に水たまりが出来ていたので早いうちから雨漏りを疑っていましたが、使っていない部屋であったことや水濡れの被害も軽微だったことからそのまま放置していました。しかし、台風と同程度の大雨が降った際に室内が雨に晒されたような状態になっていたことから、家全体が傷んでしまうことを危惧して専門業者にリフォーム工事をお願いしました。

工事前に行った検査の結果、雨漏りによって天井部分の建材が大きく傷んでしまい、カビによって崩れかけていることが判明しました。また、度重なる水濡れによって部屋の床も腐食が生じていたことから、リフォーム工事は当初の予測を大きく超える大掛かりなものになってしまい、費用も嵩んでしまいました。また、工事が終わった後も室内に籠った湿気がカビの原因になると注意されたので、完全に湿気が無くなるまで窓を開放していました。現在ではリフォーム工事によって傷んだ部分が解消されたことから、大雨が降っても室内が水に濡れてしまうことは無くなりました。

その一方で再び屋根に傷みが生じる可能性もあるので、定期的に屋根を中心として建物の検査を業者にお願いしています。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.