祖父母が建てた実家が雨漏りに見舞われた体験

私が住んでいた実家は祖父母が若い頃に建てた物件なので建材の傷みが酷く、特に天井部分は侵入した雨水によるシミが出来ていました。それでも私が子供の頃は雨漏りまでには至らず、大雨が降っても室内に被害が及びませんでした。しかし台風による突風を伴う豪雨に見舞われた際に屋根の一部が損傷してしまい、その災害をきっかけに我が家でも雨漏りが生じるようになってしまいました。当初は室内で水をこぼしたと誤解していましたが、雨が降るたびに同じ場所が濡れていることから屋根に異常があることにようやく気が付きました。

その頃には天井のシミが大きく拡がってしまい、カビによってどす黒く変色した状態でした。度重なる降雨によって室内の水濡れも頻発してしまい、湿気によるカビの発生で家具や食材にも被害が生じました。その頃になってようやく自宅の修復を決めた両親は専門業者に依頼しましたが、建材の傷みが深刻な状態になっていることから建て替えを薦められました。しかし家族の想い出がある自宅を解体することに反対した両親はリフォーム工事による修復作業を選びました。

建て替えと比べて費用は割高になってしまいましたが、祖父母が建てた家を綺麗な形で残したい両親の願いが実現した結果になりました。お金をかけて丁寧なリフォーム工事を行った結果、現在では雨漏りの心配が無い快適な暮らしを営めるようになっています。また、定期的に屋根の状態を確認して不具合の有無を確認する習慣も持つようになりました。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.