雨漏りに火災保険は適用されるのか

雨漏りが起きた場合、入っている火災保険が適用される場合とされない場合があります。まず、建築後、かなりの年数が経過していて、経年劣化による雨漏りである場合は、適用はされません。住んでいる人達が、事前に補修工事をしていれば防げたことだからです。雨漏りで火災保険が適用されるのは、台風など、強風によって、隣家の瓦等、建築物が自分の家の屋根に当たり、傷がついて雨漏りが発生した場合などです。

また、自分の家の瓦が、強風の影響で壊れ、雨の水が入ってくるようになった場合にも、支払いの対象となります。風災が原因で発生した、屋根の破損等からくる雨水の浸入については、保険の対象となることを覚えておくようにします。さらに、建築後10年未満の住宅の場合、住宅瑕疵担保責任保険という制度によって、雨漏りは無料で直すことが出来ます。建築後10年くらいでは、多くの場合、屋根が破損することがないため、保険によって無料で直すことが出来るようになっています。

この制度が適用されるような建築物の場合には、屋根の工事について、きちんとした業者に依頼をし直すなどして、傷のつかないような施工にしてもらうことが大切なこととなります。建築後10年を過ぎると、この制度は適用されません。したがって、10年が過ぎる前には、屋根のチェックなどを建設業者にしてもらうことも必要なこととなります。外壁塗装や屋根のチェックなどは、建築後10年を目安にチェックすることが一般的といわれています。

こういったことの意味も理解しておくことが大切です。福岡の水漏れ修理のことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.