お風呂の排水溝のつまりトラブルへの対処法

しばらくメンテナンスをしていないと、お風呂場では簡単につまりが発生します。髪の毛のつまりはよくあることであり、見えている部分にあるはずですので取り除けば完了です。目に見えない範囲内で発生している場合には、排水溝に汚れがこびりつくトラブルが考えられます。古くなってくると汚れがこびりつきやすくなり、綺麗にしているつもりでもいつの間にか流れが悪くなりますので、日頃から十分過ぎる位の掃除をしておくと良いかもしれません。

実は多少の汚れならつまりは発生しませんので、流れが悪くなっていると自覚できる位になると大量の原因物質が留まっている可能性大です。排水溝の先を綺麗にしたい時には、クリーナーが活躍します。様々な箇所の水回りのトラブルでクリーナーは効果的ですが、お風呂場でも例外ではなく、専用のクリーナーを使うことで意外と簡単に直るケースがあります。投入する量が少なすぎると効果を得られませんので、ある程度の量は流し込む必要がありますし、流した後はきちんと放置時間を守って流すことが大切です。

その間にじっくりと原因物質を溶かし、流れやすい状態にしてくれます。トラブルが発生した後に対処すると大事になりますが、毎日の生活の中で少しでも予防をしておくと、発生する確率をかなり下げることができます。排水溝部分にフィルターを貼るのも良い方法であり、これだけで簡単に予防できますし、費用的にもリーゾナブルで負担になりません。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.