トイレつまりのトラブルを解決する方法

トイレつまりのトラブルがあるけれど、業者に頼る前に自分で解決したいと考える人は少なくありません。つまりのトラブルを自分で解決するときは、原因を知ることが大切です。つまりトラブルの原因で多いのが、トイレットペーパーを大量に流す・異物を流すことです。異物は生理用品や子供のおむつ・残飯といった食べ残しも含まれます。

もう1つは日ごろから節水をしており、トイレのタンク内の水量が少ないことです。水量不足だと水を流しても、汚物が流れ切らずつまりやすくなるので注意しましょう。自分で解決できる目安としては、トイレがつまっている原因がトイレットペーパーと分かっている・水が少しずつだけど引いていく場合です。上記に該当しない場合は、無理に自分で対処しようとすると悪化する可能性があるため業者に依頼することをおすすめします。

作業を行うときは、トイレにウォシュレットが付いている場合は、感電のリスクを避けるためはじめに電源プラグを抜いておき、止水栓を閉めておきましょう。最も手軽にできる方法として、バケツに汲んだ水を流すことで水圧で解消するものです。少し高めの位置からピンポイントで流していくことで、スムーズに排水されるようになるかもしれません。また、お湯を流す方法もあります。

トイレットペーパーが原因の場合、お湯を流すことで溶けやすくなり解消される可能性があります。ただし、便器は陶器でできているため40~60℃程度のぬるま湯を使うようにしましょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.